【不動産コラム】売却に係る諸経費・測量費用について【不動産売却】


測量費用について


①概要


(1)測量を行う意義について

土地や一戸建てで、販売をする際、敷地の境界標が存在しない・滅失してしまっているという事例がございます。
平成初頭までは建築する際に境界標の埋め込み(確定測量)の義務がなく、
していない不動産が大半を占めておりました。

しかし、第三者に販売した際に隣地所有者と敷地について紛争が起こったり、再建築をする際に確定測量を行っていない土地はどのハウスメーカーも施工できないという現状がございます。

そういった状況を売主様に整えて頂く行程です。

不動産によりどういった行程を経るかが変わってまいりますので、担当者に説明を受けて頂ければと存じます。



(2)測量の種類


大きく分けて3つございます。

1⃣確定測量
隣接する所有者とで立ち会って確認を行い、境界標を埋め込み、敷地の境界を確定させる作業です。測量の中でも最上位の正確性があります。
また、隣地所有者や当事者の方々には印鑑証明書を提出して頂き法務局に届け出るため、今後敷地面積の増減や、フェンスの所有について、越境問題などが起こりづらくなります。



2⃣現況測量(仮測量)
こちらは境界の確定作業は行わず、隣地の方に立ち会って頂きますが口頭で境界を確認したうえで現状のまま測量をします。
現在の土地面積やフェンスの所有などが大まかにわかりますが、フェンスが所有者不明となるケースや、確定測量後に面積が変わることも多々あります。
主に中古住宅を販売するとき、ないしは土地面積を事前に調べておく際に利用します。



3⃣高低測量
こちらは他2つとは毛色が少し違います。
主に高低差のある不動産(擁壁や傾斜地、隣地と段差のついている建築物等)の場合に行います。
道路面と基礎面の高さを計測したり、傾斜の幅を測量します。
特に擁壁の不動産はハウスメーカーで再度建築する際必須となります。
また、ほぼすべてのケースでほかの測量と同じタイミングで行います。




②測量費用について


1⃣確定測量
境界標1つにつきおおよそ10~15万円かかります。
また、隣地所有者が遠方に住んでいる場合や複数の所有者が存在する場合、土地の形状が整形(四角形)でない場合は追加費用が発生します。



2⃣現況測量(仮測量)
おおよそ5万円~となっています。



3⃣高低測量
こちらは不動産の性質により大きく異なります。
5万円で済む不動産もあれば40万近くかかることもございます。
詳細は担当者にお尋ねください。





以上となります。
他にも諸経費について解説したページがございますのでぜひお読みください♪♪

ご質問・お問い合わせは以下のリンクからどうぞ!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


杉並区の不動産を高額売却することに特化したNEXT LIFE株式会社
【ご対応可能不動産】一戸建て / マンション / 土地 / 投資用不動産
【こんな条件もOK】再建築不可 / 事故物件 / 狭小地 / エレベーター無し物件

お問い合わせはコチラ!!
TEL:03-6272-9151
MAIL:info@life-ne.co.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ