不動産売却で知っておきたいオーバーローンの調べ方とは?

2021-10-19

不動産売却で知っておきたいオーバーローンの調べ方とは?

住宅ローンを返済中の物件を売却するとき、売却金で残債を完済できるかどうかがポイントになります。
残債が売却金を上回るオーバーローンの状態なら、場合によっては不動産売却が困難になります。
そこでオーバーローンとはどのようなものなのか、調べ方とともに確認していきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるオーバーローンとは?

オーバーローンとは、ローンの残債が売却金を上回っている状態を意味します。
通常、ローン返済中の物件を売却するなら、残債を一括返済して抵当権を抹消しなければなりません。
そのためオーバーローンの状態の物件の売却では、不足分を自己資金で補う必要があります。
するとローン残高や自己資金の状況によっては、売却そのものが困難なケースも珍しくありません。

アンダーローンとの違い

アンダーローンとは、ローンの残債が売却金を下回っている状態を意味します。
売却金でローンを一括返済できるので、物件の売却は滞りなく進められます。

この記事も読まれています|不動産売却の仲介手数料とは?消費税や勘定科目・計算方法まで詳しく解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるオーバーローンの調べ方

オーバーローンであるかどうかは、ローンの残高とマイホームの価値によって調べられます。

ローン残高の調べ方

ローン残高の調べ方は、借入先の金融機関から送られてくる残高証明書やローン返済計画書を確認してください。
フラット35などの固定金利なら、借り入れ時にまとめて受け取っていることが一般的です。
変動金利の場合は、金利見直し時などに定期的に送られてきます。

マイホームの価値の調べ方

マイホームの価値の調べ方は、不動産会社に査定依頼して見込みの売却価格を調べます。
弊社では無料査定をおこなっていますので、お気軽にお問い合わせください。
このほか近隣にある、似たような条件の物件の成約事例も参考になるでしょう。

任意売却がおすすめ

調べた結果、オーバーローンであると判明しても、任意売却なら不動産売却が可能です。
借入先からの同意を得られれば、ローンの残債がある状態でも物件を任意売却できます。
通常の不動産市場で取引されるので、相場に近い金額で売れる可能性が高まるでしょう。
そして、売却金で返済しきれなかった部分については、分割で支払うのが一般的です。
もし任意売却せず、さらにローンの滞納が続くと、最終的には競売にかけられてしまいます。
競売では相場より低い金額でしか売れないことが多く、その後の返済の負担は増大します。
そのためオーバーローンの状態の物件を売却したいなら、少しでも高く売るために任意売却がおすすめです。

この記事も読まれています|不動産売却の仲介手数料とは?消費税や勘定科目・計算方法まで詳しく解説

まとめ

不動産売却で知っておきたい、オーバーローンについてご紹介しました。
ローンの残債が残っていても、任意売却をおこなうことができれば物件の売却は可能です。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ