「任意売却」で不動産売却する流れとメリット

2021-12-07

「任意売却」で不動産売却する流れとメリット

入念に検討した住宅ローンの返済計画。
しかし、仕事や健康などの思わぬ状況の変化から返済に困窮し、滞納してしまうことはあり得ます。
とはいえ、競売は避けたいというとき、納得のいく形で不動産売却ができる「任意売却」が賢い選択肢となるかもしれません。
今回は、任意売却の流れやメリットなど、基本的な内容について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

「任意売却」とはローン残債のある不動産を売却できる方法

住宅ローンを組んで購入した不動産の返済が滞り、一定期間が経つと「競売」に向かうことになります。
競売とは、滞納された金融機関がとる手段として強制的に不動産売却するものです。
一方、任意売却とは競売に至る前に自分の意思で不動産売却できる方法です。
一般的に、滞納は一定期間続くと分割で支払う権利を失い一括返済が求められます。
とはいうものの住宅ローンが滞納になるときは、給与の減少や入院などやむを得ない事情があるケースがほとんどです。
多額の一括返済は難しいと考えられます。
競売も経済状態を周囲に知られたり、相場よりも安い金額になったりと、債務者にとって不利な点が気になります。
任意売却であれば、金融機関の合意を得るなどの条件はありますが、残債があっても通常の不動産売却に近い価格と販売活動が期待できますよ。

こちらの記事も読まれています|杉並区で不動産売却!相続した不動産を売却する際の注意点は?

\お気軽にご相談ください!/

「任意売却」で残債のある不動産を売却する流れ

任意売却の大きな流れは次のようなもので、一般的な不動産売却に近いと感じられるのではないでしょうか。

  • 不動産の査定
  • 債権者の合意を得る
  • 販売活動
  • 売買契約と決済

流れのなかで、2「債権者の合意を得る」は任意売却のポイントで、販売価格も了承を得ます。
金融機関も高く売りたいと考えますが、早期売却をかなえるには適正価格であることも大切です。
また、3「販売活動」では、通常の不動産売却と同じく、エリア特性をふまえた販売戦略が肝です。
杉並区で検討されているときの任意売却なら、弊社が売却成功の流れをつかむお手伝いをいたします。

こちらの記事も読まれています|杉並区で不動産売却!相続した不動産を売却する際の注意点は?

\お気軽にご相談ください!/

「任意売却」で不動産を売るメリットと気をつけたい点

任意売却のメリットは、競売と違い周囲に経済状態を知られず残債のある不動産を売却できることです。
しかも、相場に近い価格での不動産売却が期待できます。
競売では相場の7割程度の価格になりがちです。
また、任意売却の場合にも不動産売却にかかる諸費用が必要になりますが、売った代金からまかなえるので、持ち出し金が不要なこともメリットですね。
くわえて、債権者に交渉すると、引っ越し費用も30万円まで売却代金から融通してもらえる場合があります。
一方で、任意売却は取り組みたくても滞納が1、2か月程度の期間内は実施できません。
数か月に渡っての滞納が条件になることは気をつけたい点ですが、メリットの多い任意売却は債務者にとって有効的な解決策といえるでしょう。

こちらの記事も読まれています|杉並区で不動産売却!相続した不動産を売却する際の注意点は?

まとめ

不動産のローン返済が困難になったときに検討したい「任意売却」を解説しました。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ