離婚で不動産を任意売却するメリットとデメリットとは?

2021-12-14

離婚で不動産を任意売却するメリットとデメリットとは?

不動産購入の際、多くの方が住宅ローンを利用しています。
そのローンは離婚時に分割しようとしても難しいものです。
住宅ローンが残っている不動産の分配や処分をせずに放置してしまうと、離縁後支払いができないなどのトラブルに発展する場合があります。
そのため離婚時に不動産の査定額よりローン残債額が上まわっているオーバーローンの状態であれば任意売却を検討する必要があるでしょう。
今回は、離婚する際に不動産を任意売却するメリットとデメリットを解説します。
ぜひ、離婚によって任意売却しようか検討中の方は記事を参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却のメリットとデメリットとは?

離婚時に不動産を売却することは、オーバーローンでなくても財産分与しやすいといえます。
オーバーローンの状態で売却するメリットとはどのような点なのでしょうか。
任意売却とは、ローン一括返済ができない場合に銀行など債権者に話をつけ通常売却する方法です。
この方法を使った場合でも、もちろん残債は返済しなければなりません。
また売却金から売るためにかかった費用や転居費などを捻出できます。
支払いができなくなった際にされる競売よりも高い価格で売れる場合があります。
一方、デメリットはローン残債から売却金額が引かれた差額の支払いが必要になることです。
離婚により不動産を手放したうえで、ローン残債の支払いが続くことになります。
返済方法は、債権者との話し合いで決められます。

こちらの記事も読まれています|不動産売却を検討中の方に役立つ固定資産税評価額についてご紹介

\お気軽にご相談ください!/

任意売却するタイミングはいつ?

不動産を売却するタイミングはいつが良いのかと思われる方がいるでしょう。
結論としては、離婚前のほうがおすすめのケースと後が良いケースがあります。
前にしたほうが良い理由は、通常の不動産でも売れるまでに時間が2カ月から1年半程度かかります。
通常不動産売却の流れに加え債権者との話し合いをしなければならず専門的な知識が必要です。
そのため任意売却に強い担当者がいる仲介会社を探し、依頼が必要となります。
また、離婚前に決着をつけることで精神的にも楽になります。
いっぽう、後におすすめする理由は、落ち着いて判断ができることです。
離婚前は手続きなどもあり相手に会いたくない、話し合いができないケースもあります。そういった場合はあとからすると良いでしょう。
これらは、自分たちの都合から考えていますが住宅ローンが滞っている状態が長く続けば、債権者との交渉が難しい場合もあります。そのため早い時期で仲介会社に相談しましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却を検討中の方に役立つ固定資産税評価額についてご紹介

\お気軽にご相談ください!/

売却時の注意点とは?

気を付ける注意点は4つあります。

  • 競売の期日までに売却しなければならない。
  • ローン完済できない可能性が高い。
  • 別れたあとに話す場合相手が応じない可能性がある。
  • 別れるまえの場合、財産分与で借金も半分になる。

これらで重要な点は競売期日までに売却しなければ競売価格で売られてしまうため、安い金額でしか相殺されません。
そのため別れるまえに仲介会社に相談し、どのようなタイミングで売却するのが良いのかを検討する必要があります。

こちらの記事も読まれています|不動産売却を検討中の方に役立つ固定資産税評価額についてご紹介

まとめ

離婚によって不動産を任意売却する方は少なからずいます。
その際、連帯保証人も含め、今後どのようにするのか検討しなければなりません。
放置していると競売にかけられてしまい住んでいた場合には、住む場所を失います。
任意売却するメリットとデメリット、注意点を踏まえ、どのようにするのか検討しましょう。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ