不動産売買で必要な境界明示とは?確定測量についてもチェック!

2021-12-28

不動産売買で必要な境界明示とは?確定測量についてもチェック!

不動産の売買をおこなうときには、売買する土地の大きさなどを正確に知っている必要があります。
しかし実際には隣地との境目がはっきりしていないなど、このまま売却して良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ここでは、不動産を売買するときに必要な「境界明示」とはなにか、関りの深い「確定測量」とあわせてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売買するときに必要な「境界明示」とは?

「境界明示」とは隣接する土地との境や土地の範囲を明確に示すことを指します。
不動産売買をおこなったときには、売り手が買い手に境界明示をしなければいけません。
似たワードに「境界確定」がありますが、こちらは官公署の図面や隣地オーナー立ち合いのもと、所有している土地の境界線を明確にすることです。
不動産売買時に買い手へ土地の境や範囲を示す「境界明示」とは意味が違うので注意が必要です。

境界明示はなぜ必要?

売り手には不動産売却後に買い手と隣地所有者の間でトラブルが起きるのを防ぐため、土地の境界を明示して契約する義務があります。
また登記簿の公図や測量図が古いなどの理由から、土地面積が状況と一致しないケースもあり、売り手と買い手の間でトラブルを防ぐためにも調査をおこない境界明示をする必要があるのです。

境界明示をおこなわないとどうなる?

境界明示をおこなわずに不動産を売却すると、民法により債務不履行として売り手に損害賠償責任が発生する可能性があります。
そもそも買い手にとって、土地の境界や範囲が明確になっていない不動産を選択することはリスクとなるため売却が難しいでしょう。

こちらの記事も読まれています|杉並区で不動産売却!相続した不動産を売却する際の注意点は?

\お気軽にご相談ください!/

不動産売買するときの境界明示に関わる確定測量とは?

境界明示をおこなう際には「確定測量図」の使用が一般的です。
確定測量図は土地すべての隣接地所有者と立ち合いの上で境界を確認し、土地面積を正確に測る「確定測量」によって作成されます。
確定測量図は境界明示に必要な資料ですが、不要なケースもあるので確認しておきましょう。

  • 必要なケース…原則宅地を売買する場合や戸建ての売買
  • 不要なケース…買主が確定測量図がないことを合意している場合やマンションの売却など

確定測量費用の目安

不動産の売却で確定測量をおこなう場合、売り手が費用を負担することが一般的です。
相続などで確定測量図がなく境界が明確になっていない土地を売却するときは、確定測量をおこなう必要があるでしょう。
確定測量図の費用の目安としては50万円~100万円ほどですが、隣地所有者の数が多いと高くなる傾向があります。
確定測量図が必要なケースでは測量費を予算に入れて計画を立てましょう。

こちらの記事も読まれています|杉並区で不動産売却!相続した不動産を売却する際の注意点は?

まとめ

不動産の売買をおこなう際には、安心して購入してもらうためにも「境界明示」を実施することが義務付けられています。
境界明示には「確定測量図」の使用が一般的です。
費用はかかりますが、トラブルを回避しスムーズな売却をすすめるには計画的に確定測量をおこなうことをおすすめします。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ