事故物件は売れないの⁉【事故物件すべてお任せ窓口】


事故物件はどの様なものを指すのか、その定義はどういったものなのか不明な事があります。
室内で人が亡くなってしまったら事故物件になるのか、もしくは室内で自殺をしてしまったら事故物件になるのか曖昧なところありました。
こちらの記事でその部分を解消できればと存じ上げます。

~目次~
①事故物件とは? 



\お気軽にご相談ください!/




①事故物件とは?

【そもそも事故物件はどんなものを指すのか?】とご質問頂くことが多いです。
まず事故物件の定義を説明させていただきます。
・室内で病死しているもの
・室内で自殺されている場合
・バルコニーから転落死されている場合
・室内で事件性のある出来事があった場合
上記の物が事故物件と定義されています。
内容によってですが売却金額が1割~5割変わると言われています。(事故の内容で異なります。)
詳しいことはお問合せください。


②事故物件のルールが変わった⁉

事故物件は【心理的瑕疵】とされています。
その為売却する際は買主に対して「以前室内でどの様なことがあったか」を売主が告知する義務がありましたが、かなりあやふやな線引きになっていました。しかし、国土交通省が2021年5月20日に宅建業者による人の死の告知に関するガイドライン」を策定しました。
ガイドラインには告知をする内容や亡くなってからどのくらいの期間まで告知をしないといかないか詳しく明記されています。



\お気軽にご相談ください!/



③事故物件を売却するには
事故物件を売却するには、まず事故物件の売却を経験している不動産会社に相談することがオススメです。経験のある不動産会社の方がスムーズに売却を行うことができます。

なぜ経験がある不動産会社を勧めているかというと、事故物件には必要な知識や事故物件なりの相場があり、担当会社によって取り扱いの仕方が大幅に変わることがあるからです。
経験の浅い不動産会社やノウハウがない所は、それを知らずに極端に叩き売りされてしまうケースがほとんどです。

そうならない様に事故物件の売却経験がある不動産会社をお勧めしています。

まとめ

全国にはかなりの数の不動産会社があります。しかし事故物件を多く売却している不動産会社はそんなに多くありません。
当社は年間数十件の取り扱い実績がある為、売却する場合や質問がある場合はお気軽にお問合せ頂ければと思います。

なぜ当社が事故物件の取り扱い件数が多いのか?実は、こちらのサイトも当社が運営させて頂いているからです。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ