不動産の売却における減価償却とは?計算方法や注意点を解説!

2022-01-11

不動産の売却における減価償却とは?計算方法や注意点を解説!

不動産を売却したときに、税金がどれくらいかかるか気になりますよね。
減価償却の知識は、不動産売却における税金を計算するときに必要です。
しかし減価償却という言葉は概要をイメージしにくいので、難しいと感じる方も多いと思います。
そこで今回は、減価償却の概要と合わせて、計算方法や注意点を解説します。
杉並区で不動産の売却をご検討の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却するときに知っておきたい減価償却とは?

はじめに、不動産を売却して利益がでると、確定申告が必要です。
確定申告では、利益から経費を差し引いて所得を割り出しますが、その計算で必要なのが減価償却です。

減価償却の考え方

建物は年数の経過により価値が下がると考えられています。
そのため経費を計算するときに、建物購入時の価格から、価値が下がった部分を差し引いて一年に一定額ずつ計上することを減価償却と呼びます。
そして下がった価値を金額で表したのが減価償却費です。

減価償却の対象となる不動産

減価償却が必要なのは、主にマンションの場合です。
また土地は経年劣化しないため、マンションのなかでも建物部分だけが減価償却の対象です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却における減価償却費の計算方法とは?

はじめに、減価償却費は譲渡所得税を計算するときに使用します。

譲渡所得税とは?

不動産の売却で得た利益から、譲渡費用や取得費を差し引いた金額に課せられる税金です。
譲渡費用は不動産売却時、取得費は不動産購入時にかかった費用です。
その取得費を計算するときに、不動産購入時の価格から減価償却費を差し引く必要があります。
減価償却費を求める計算式は以下の通りです。
減価償却費=取得価額×0.9×償却率×経過年数
※取得価額とは不動産を購入したときの価格です。
※償却率とは建物の耐用年数をもとに法律で定められた、1年間で低下する価値の割合です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却における減価償却費を計算するときの注意点!

減価償却費の計算を誤ると、想定した譲渡所得や税金に差異がでてしまうので、注意点をみていきましょう。

取得費を明確にする

取得費の計算で使う不動産購入時の価格は、基本的に売買契約書に記載がありますが、なかには記載がないものもあります。
取得費が不明のまま確定申告すると、概算で割り出すことになり、本来よりも納税額が増えてしまう恐れがあるためご注意ください。

耐用年数を確認する

減価償却費の計算で使う償却率は、建物の耐用年数をもとに規定されています。
耐用年数は建物の構造などにより異なるため、対象の不動産があてはまる項目を確認しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

減価償却は、不動産を売却したときの税金を計算するうえで、重要性が高いことがわかりました。
不動産の売却について調べていると、慣れない計算や疑問点が多くあると思いますが、私たちがサポートいたします。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ