杉並区で不動産売却を検討する際に知っておくべきこと

2022-02-01

杉並区で不動産売却を検討する際に知っておくべきこと

杉並区は、東京23のなかでも住宅街が多い地域です。
この地域で不動産売却を検討している方は、どのようなことを意識する必要があるのでしょうか。
そこで、この記事では杉並区で不動産売却の際に知っておくべきことを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

杉並区の地価動向による不動産売却のタイミング

まずは、杉並区の地価動向に関するデータを提示します。

  • 令和3年の基準地価:平均71万6461円/㎡
  • 変動率:+0.77%
  • 坪単価:236万8467円/坪

次に、杉並区内で地価が高い地域は下記のとおりです。

  • 阿佐ヶ谷:89万5888円/㎡
  • 荻窪:85万4937円/㎡
  • 高円寺:76万9812円/㎡
  • 笹塚:74万1500円/㎡
  • 永福町:69万7857円/㎡

中央線や京王線の沿線エリアは人気があり、地価も高いことがわかります。
これらを踏まえて、不動産売却の適切なタイミングはいつなのでしょうか。
まず、都市開発やイベントの時期は不動産が売れやすいとされています。
杉並区の場合、都心からのアクセスが良いため、今後も人気のある状態が続くと考えます。
そのため、地価動向も上昇し続けることが予想されます。
人気のエリアは再開発の機会が増加するため、地域の開発に合わせて不動産売却をすると高い値段で売れる傾向が見られます。
次に、住宅ローンの金利が低い時期についても適切なタイミングです。
金利が低くなると、不動産の需要が高まりやすいので、買い手が見つかりやすくなります。
この2つのタイミングに合わせて、不動産売却を考えてみてはいかがでしょうか。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

杉並区の人口動態による不動産売却のタイミング

不動産売却のタイミングを見極めるには、人口動態を知ることも大切です。
杉並区の人口は、近年は増加傾向が強まっています。
これは、上述したとおり、都心からの利便性が良いことが影響していると考えます。
年齢別の人口動態は、15歳から64歳までの層がもっとも多く、65歳以上の高齢者も人口が増加しています。
一方、0歳から14歳までの層は減少傾向であるため、少子高齢化が進んでいる地域です。
この人口動態を参考にすると、若年層だけでなく、年齢が高い世代への不動産売却も期待できると考えられます。
杉並区は人口が増加しているため、不動産価格が上昇していることが、上述した地価動向からも見られます。
そのため、人口が増加している今が、不動産売却の適切なタイミングです。
将来的に少子高齢化が進むと、空き家が増える状態となり、不動産価格の下落が予想されます。
杉並区で不動産売却を検討しているのであれば、人口が増えている現在のタイミングを見逃さないようにしましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

杉並区は、人気のエリアなので人口が増加しており、地価の上昇傾向が見られています。
そのため、この記事で解説した不動産売却のタイミングを参考にして、良い時期を逃さないようにしましょう。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ