リースバックで不動産を売却、そのまま同じ家に住み続けられる?

2022-02-08

リースバックで不動産を売却、そのまま同じ家に住み続けられる?

自宅を売却した後も、そのまま同じ家に住み続けられる方法にリースバックがあります。
気に入っている自宅でも売らざるを得ない状況になったり、老後の資金を工面するため売却を選択する方もいらっしゃるかと思います。
そんなとき、今までと同様に同じ家に住み続けられたら嬉しく思いますよね。
そこでリースバックの仕組みやメリット、また似ていて間違えられやすいリバースモーゲージとの違いをご紹介いたします。

\お気軽にご相談ください!/

リースバックで不動産売却をおこなうとは?

リースバックで不動産売却をおこなうとはどういうことなのか、その仕組みとメリット・デメリットを解説します。

仕組み

リースバックとは、不動産をリースバックの運営会社に売却し、賃貸借契約を結んで家賃を払いそのまま同じ家に住み続ける仕組みです。
リースバックをおこなうことで、不動産に対する権利は所有から賃借に変わります。

メリット

リースバックには、以下のようなメリットがあります。

  • 売却後もそのまま同じ家に住み続けられる
  • 買い戻しも可能
  • 一括現金買取のため、現金化までの期間が短い
  • 売却が周囲に知られる可能性が低い
  • 固定資産税が不要

同じ家に住み続けられる点がリースバックの大きなメリットであり、新しい住まいを探す手間や引越が不要です。
また、『再売買予約権』を付けた契約が可能であれば、将来的に買い戻すこともできます。

デメリット

リースバックには、以下のようなデメリットもあります。

  • 売却の価格が周辺相場以下になる可能性が高い
  • 家賃が相場に比べて高くなる傾向がある
  • リフォームや建て替えがおこなえなくなる
  • ずっと住み続けられる保証はない

相場の60~90%の価格で売却がおこなわれる場合が多く、一般的な売却に比べると手にできる金額は少なくなります。
リースバックで賃貸借契約を結ぶとき『定期借家契約』でおこなうことが多く、契約期間が満了すると再契約が必要です。
再契約ができない場合もあるので、いつまでも住み続けられる保証がありません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるリースバックとリバースモーゲージの違い

リースバックと似たものに、リバースモーゲージがあります。
リバースモーゲージとは、自宅の土地や建物などを担保に金融機関から融資を受け、利息だけを毎月支払い、契約者が死亡した後売却し一括返済をおこなうものです。
リバースモーゲージには、以下のようなリースバックとの違いがあります。

  • 対象が土地付き建物に限られる
  • 年齢制限がある(55歳以上、60歳以上のシニア)
  • 対象者は個人
  • 抵当権が設定されていると利用不可(金融機関による)
  • 仕様使途に制限あり
  • 所有権は本人
  • 同居できる家族は配偶者のみ
  • 契約終了後は売却

リバースモーゲージは使用使途が高齢者向け住宅の入居一時金やバリアフリーへの改修など、老後資金に限られます。
杉並区でリースバックやリバースモーゲージを検討中の方も、これらの違いを知っておくと判断しやすいでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

リースバックの仕組みやメリット・デメリット、リバースモーゲージとの違いについてご紹介しました。
まとまった資金が必要などの理由で自宅の売却を検討中の方は、リースバックも選択肢にくわえてみてはいかがでしょうか。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ