不動産会社に物件の買取を依頼するメリットとは?

2022-05-17

不動産会社に物件の買取を依頼するメリットとは?

不動産売却には、主に個人の買主を探す仲介のほかに、不動産会社などに売却する買取が存在します。
買取は買主が個人から業者に変わるだけでなく、仲介とは違ったさまざまなメリットを持つのが特徴です。
今回は不動産会社に買取を依頼する2種類のメリットについてご紹介します。
東京都杉並区で不動産の売却を検討している方は、ぜひ売却方法を選ぶ際の参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取のメリットその①仲介手数料が不要

仲介手数料とは、不動産会社に仲介を依頼し、買主を探して売却をおこなった際に発生する費用のことです。
仲介手数料は売却する不動産の金額によって決められることが多いため、不動産売却にともなう諸費用のなかでもとくに高額になるケースが多いでしょう。
しかし不動産会社に直接買取を依頼すれば仲介の必要がないため、手数料も不要です。
先述したように仲介料はある程度高額なため、買取金額が仲介売却時の予想より低かったとしても、仲介手数料の差で相殺できる可能性もあるでしょう。
なお、仲介手数料は成功報酬であり、売買契約が成立した際に発生します。
そのため、当初は仲介で買主を探し、途中から買取に切り替えた場合でも仲介手数料を支払う必要はありません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取のメリットその②仲介による売却より現金化が早い

不動産会社に買取を依頼するもう1つのメリットは不動産の現金化が迅速におこなえることです。
仲介で売却をおこなう場合、買主と調整して内覧や引き渡しの日程を決める必要があります。
したがって売却手続きを売主の希望するスケジュールどおりに進められるとは限りません。
また、売主は不動産の適正価格を見極めて買主を選ぶ時間も必要です。
仲介では不動産会社を経由して買主とやり取りすることになるため、その手間も売却期間の長期化に影響するでしょう。
こういった理由から仲介による売却は平均で半年程度、長期化すれば年単位での期間が必要になります。
一方、買取では不動産会社が直接購入をおこなうため、買主が見つかるまで待つ必要がありません。
内覧やそれに備えた修繕も不要なので、売主の希望どおりに売却のスケジュールを設定することが可能です。
そのため買取に要する売却期間は仲介に比べて短く1週間程度、場合によってはさらに短い期間で取引が成立します。
住み替え後のスケジュールが決まっているケースや、相続税の納税期限が迫っているケースなど、早期に不動産を現金化したい場合に買取は有効な手段だと言えるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は買取のメリットのなかでもとくに代表的なものを2つをご紹介しました。
買取にはほかにも、買取価格が査定額そのままなので資金計画が立てやすい、売却可能な不動産の種類が多い、といったメリットがあります。
不動産の種類や売却スケジュールなどを考慮し、適切な売却方法を選びましょう。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ