不動産売却の流れを解説!売却までにかかる期間はどれくらい?

2022-05-31

不動産売却の流れを解説!売却までにかかる期間はどれくらい?

不動産を初めて売却する方のなかには、何をどのように始めればいいのかわからず、不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
事前に売却活動の流れや、取引が完了する期間の目安を知っておくと安心です。
今回は不動産売却の流れや、売却活動にかかる期間について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れを解説!知っておきたい媒介契約とは

不動産売却をする流れを、順番にご紹介します。

売却不動産の周辺相場を調べる

まずは、査定前に売却する不動産の周辺相場を調べることからはじめましょう。
不動産ポータルサイトなどを使い、自宅と似た条件の相場価格を調べます。
また直近過去1年の成約価格を見ることができる、レインズ・マーケット・インフォメーションというサイトを使うと便利です。

不動産会社に査定の依頼をする

次に、不動産会社への相談や査定の依頼をします。
査定には現地に訪れずにおこなう机上査定と現地へ訪れて査定する訪問査定の2種類の査定方法があります。
より正確な査定金額を算出するためには、訪問査定が必要です。

不動産会社と媒介契約を締結する

売却を依頼する不動産会社が決まったら、不動産会社と媒介契約を締結します。
媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類の契約方法があります。
これら3種類の媒介契約は、不動産会社に仲介を依頼し売却する際に必要なものです。
不動産会社が直接買い取る買取では、不動産会社と直接の取引となるため、媒介契約の締結はありません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れを解説!売却活動の内容とは

次に媒介契約締結後の売却活動について解説します。
媒介契約の締結後、不動産会社による売却活動がはじまります。
不動産ポータルサイトへの広告掲載、折り込みチラシ、近隣へのチラシ配布など、お客様の希望に応じたさまざまな方法で物件の公開をおこないます。
内覧希望者が現れたら、物件の内覧がおこなわれます。
部屋の掃除をして、内覧希望者を迎える準備をしましょう。
最近では中古住宅の売却に、ホームステージングという売却手法を使うケースが増えています。
ホームステージングとは、室内のインテリアをモデルルームのように飾り、おしゃれな空間を演出する売却手法です。
ホームステージングには、早期売却効果があると知られています。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れを解説!売却期間はどれくらいかかる?

売却にかかる一般的な期間をご紹介します。

  • 査定依頼から媒介契約締結まで:約2週間~1か月程度
  • 売却開始から購入申し込みまで:約3~6か月程度
  • 売買契約締結から引き渡しまで:約2週間~1か月程度

査定から取引終了までの期間は、6か月ぐらいを目安に考えておきましょう。
また不動産会社による買取では、査定後金額に折り合いがつけばすぐに売却できます。
早期売却や速やかな現金化を希望している方にはおすすめの方法です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は不動産売却の流れや、売却までにかかる期間について解説しました。
売却までにかかる期間は平均で6か月程度と言われています。
早期売却を希望する場合は、不動産会社による買取も検討しましょう。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ