不動産が売れない原因と改善策をご紹介

2022-06-07

不動産が売れない原因と改善策をご紹介

この記事では杉並区をメインに不動産売却を進めている方、検討している方に向けて「不動産が売れない」場合の原因を解説していきます。
売却活動中の不動産がなかなか売れないと「金額を下げようか」と最初に考えてしまいがちですが、価格を下げる前にできる改善策をご紹介しますので是非参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合は原因を考えましょう!

なかなか買い手がつかない原因を見つけて、具体的に掘り下げて検討する必要がありますので売れない主な原因を分析していきましょう。

  • 販売価格が適切な価格ではない
  • 物件にマイナス要因がある

土地の場合、相場より高い価格の場合や、接道間口や接道幅員が狭いとマイナスポイントになってしまうこともあります。
建物の場合も同様に、価格が相場に合わない、または建物の状態が悪いと購入希望者からマイナスに見られてしまうでしょう。
これらの原因に対して、プロ目線でどうしたら買い手がつくのか、適切なアドバイスや活動をおこなってくれる不動産会社に相談することも大切です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合の改善策を考えよう!

売れない原因を理解したところで、どんな改善策があるか下記に3つご紹介します。

  • 媒介契約の見直し
  • 瑕疵(物件の不具合)を解消する
  • 登録免許税を売主負担にする

媒介契約は売却を依頼している不動産会社との契約になり、専属専任媒介契約・専任媒介契約である場合は依頼した不動産会社としか契約できない内容になっています。
一般媒介契約では複数社と契約できますが売却活動が積極的におこなわれないこともあるため、きちんと売却活動しているのか確認し、状況や契約期間によっては専任系の媒介契約に切り替えることも1つの改善策です。
瑕疵を解消するには、建物の場合「外壁・内装・水廻りなどをリフォーム」したり清潔感のある空間にしたりすることが効果的です。
土地の場合は土壌汚染があればキレイにし、地型など条件が良くない場合は相場より安く売り出すなど検討したほうが良いでしょう。
価格を下げる前に、本来買い手が負担する登録免許税や諸費用を売主で負担する特約を公告することも改善策の1つになります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合の最終的なポイントを知っておこう!

改善策を実施しても売れそうにない場合は、下記の方法で検討しましょう。

  • 相続物件であれば放棄する
  • 自治体に寄附する
  • 不動産会社に買取してもらう

相続物件で売り出ししてから間もない場合は放棄して手放す方法と、自治体に寄附して費用負担なく処分できる場合があります。
また、不動産会社に相談して買取りしてもらえないか相談することも解決ポイントの1つですので是非検討してみてください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産が売れない場合は原因を分析して、改善策を立てることが大切です。
最終的に不動産会社に買取りしてもらうなど検討しておきましょう。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ