相続による不動産売却の注意点とは?売却に必要な媒介契約をご紹介!

2022-06-14

相続による不動産売却の注意点とは?売却に必要な媒介契約をご紹介!

不動産を相続した場合、どのように相続人同士で分ければ良いかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
分けることが難しい不動産ですが、いくつかの分割方法があるので確認しておきましょう。
今回は相続による不動産売却の注意点や、知っておきたい媒介契約についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

相続後の不動産売却で知っておきたい注意点とは?

相続が起こった際に遺言書が残されていれば、遺言書どおりに遺産を分割します。
遺言書がない場合は、相続人同士で財産分与について話し合う遺産分割協議をおこなわなければなりません。
不動産の分割方法には、次のような方法があります。
単独相続
相続人が1人しかいない場合や、他の相続人が相続放棄をした場合、1人で相続することを単独相続といいます。
現物分割
遺産を現物で分けることを現物分割といいます。
土地、一戸建て、預貯金など、相続人がそれぞれ現物で相続する方法です。
換価分割
不動産売却をして現金に換えてから、現金を分割する方法が換価分割です。

相続不動産売却の注意点

相続不動産を売却する際は、不動産の名義を相続人に変更する相続登記をおこなうことが注意点としてあげられます。
また相続による不動産売却では、税金が軽減される取得費加算の特例や、相続などにより取得した空き家を譲渡した際に3,000万円の特別控除が適用される場合があります。
これらの特例を利用するためには、相続が起きてから3年ほどを目安に売却することも適用要件の1つです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続による不動産売却の注意点とは?媒介契約を解説!

相続不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼して買主を探してもらう方法と、不動産会社が直接不動産を買い取る不動産買取があります。
仲介による売却では、売買契約成立後に仲介手数料を支払います。
買取では不動産会社が買主になるため、仲介手数料の支払いはありません。
また買取では早期売却が可能ですが、市場価格より低い売却価格となる傾向があります。
不動産会社に仲介による売却を依頼する場合は、最初に不動産会社と媒介契約を締結します。
媒介契約には次のような3つの種類があります。

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

専属専任媒介契約と専任媒介契約は、レインズへの登録義務と定期的な売主への販売状況報告が義務付けられています。
レインズとは、不動産流通機構が運営する不動産情報のコンピューターネットワークシステムのことです。
レインズに登録することで物件情報が広く伝わり、早期売却の効果が期待できます。
不動産会社とも頻繁に連絡を取りながら早期売却を希望する場合は、専属専任媒介契約や専任媒介契約を選ぶことがおすすめです。
期限内に売却しなければならない場合や、なかなか売れない不動産は不動産会社による買取も検討しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

相続した不動産を売却する際は、相続登記や媒介契約が必要となります。
媒介契約の特徴や売却方法も理解して、自分に合った売却方法を見つけていきましょう。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ