杉並区の不動産売却で考えたい2022年問題とは?対処法を解説!

2022-06-28

杉並区の不動産売却で考えたい2022年問題とは?対処法を解説!

生産緑地の2022年問題が、不動産市場に与える影響を不安視する声が多く上がっています。
2022年問題とはどのようなもので、杉並区の不動産売却に与える影響はあるのでしょうか。
今回は、2022年問題が杉並区の不動産売却に与える影響や対処法について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

杉並区の不動産売却で考えたい2022年問題とは?

2022年問題とは、都市部の生産緑地(農地)が宅地として売却され、不動産の供給が増えることにより不動産価格の下落が心配されている問題です。
都市化が進み宅地開発が進む地域の緑地や農地を守るため、1992年に生産緑地法が改正されました。
生産緑地に指定されると農業を続けることが義務付けられますが、30年間固定資産税の軽減と相続税の納税猶予を受けることができます。
1992年に一斉に生産緑地として指定された土地は、30年後の2022年に指定が解除されます。
指定が解除されると固定資産税の軽減や相続税の納税猶予が受けられなくなるため、2022年に大量の農地が売却され、不動産が市場に溢れることが懸念されているのです。
不動産の売却が増えれば不動産の供給過多となり、不動産価格への影響が心配されます。
とくに生産緑地周辺の地域は、不動産価格の下落に不安を感じるでしょう。
自宅周辺に生産緑地があるか知りたい際は、杉並区のホームページから確認することができます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

2022年問題の対処法として検討したい杉並区の不動産売却

2017年に生産緑地法が改正され、生産緑地は申請することによって特定生産緑地となり、税制の優遇が10年延長されることになりました。
その10年後には、さらに10年更新することも可能です。
とりあえずは更新する生産緑地の所有者も多く、問題は解決されたかのように思えます。
しかし、特定生産緑地は相続によって指定を解除することができます。
そのため、相続が起こった際に相続人が農業を継ぐ意思がなければ、相続のタイミングで売却される可能性もあるのです。
年数の経過とともに相続が発生していけば、生産緑地の売却が増加することも推測されます。
現在は全国的に不動産価格が上昇する地域が多く、売却するには良いタイミングです。
杉並区で不動産売却を検討されている方は、市場価格が下がる前に売却することも対処法として検討してみましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は、生産緑地の売却による増加が不安視される2022年問題について解説しました。
生産緑地は特定生産緑地として税制優遇を延長することもできますが、今後相続のタイミングで売却される可能性もあります。
不動産売却を検討される方は、高値で売れるタイミングを逃さないことも大切です。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ