ペットが飼育されていた家をできるだけ高く売却するためには?対策方法をご紹介!

2022-07-05

ペットが飼育されていた家をできるだけ高く売却するためには?対策方法をご紹介!

ペットが飼育されていた家の売却は通常より難しく、査定額は低くなります。
そんな、ペットが飼育されていた家をできるだけ高く売却するための方法について解説してきます。

\お気軽にご相談ください!/

ペットが飼育されていた家を売却するときの査定額

ペットが飼育されていた家を売却する場合に、査定額が低くなる原因は下記の理由です。

  • 床や壁の傷
  • 匂い
  • 害虫
  • アレルギー

不動産売却の査定額は、建物の劣化状況に影響されます。
ペットを飼育することで、床や壁のクロスが傷つくことは多く、売却査定額に影響を及ぼします。
また、ペットを飼育することで染み付くにおいも、査定額を低くする原因です。
ペットが散歩などの外出後に家に持ち込む、ダニなどの害獣が発生することも査定額が低くなる原因です。
場合によっては、ペットの毛などがクロスなどに付着していることで、購入希望者がアレルギー反応を起こす可能性もあります。
このような理由からペット飼育歴のある不動産を売却する場合は、査定額が低くなる傾向があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

ペットが飼育されていた家を売却する場合の対策

それではペットが飼育されていた家を売却する場合には、どのような対策により、できるだけ金額を下げずに売却できるのでしょうか。
できるだけ売却金額が低くならずに売却する方法は下記のとおりです。

  • 床や壁の補修(傷への対策)
  • ハウスクリーニング(アレルギーへの対策)
  • ペットを飼育している方へ売却をする(害虫や毛、売却方法への対策)
  • 信頼できる不動産会社へ相談する(売却方法への対策)
  • 内覧時などはペットを外出させる

剥がされたり、傷ついた壁クロスを貼り替えることは、できるだけ高額に売却するための対策です。
アレルギーの原因である害虫やペットの毛に対しては、クリーニング専門の会社に依頼すると良いでしょう。
また、ペットを飼育している方へ売却することも対策の1つです。
購入希望者がペットを飼育していれば、売却する不動産の状況に理解があり、できるだけ高額な売却金額になる可能性があります。
購入希望者が内覧する際には、ペットをペットホテル、親戚・友人宅に預かってもらうのがおすすめです。
上記の理由から、地域の状況に詳しく顧客がたくさんいる、信頼できる不動産会社に相談しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

ペットを飼育していた不動産は、売却査定額が低くなる傾向があります。
原因は内装の傷やにおい、アレルギーです。
しかし、床やクロスの補修やハウスクリーニングをすることで、できるだけ高額に売却することも可能です。
売却金額や販売方法については、信頼できる不動産会社を見つけ、相談しましょう。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ