築浅一戸建ては早く売るべき?早期売却する際のコツを解説!

2022-07-19

築浅一戸建ては早く売るべき?早期売却する際のコツを解説!

離婚や転勤、親の介護など、なんらかの事情で「購入したばかりのマイホームを売却したい」と考える方は少なくありません。
しかし、1度でも誰かが住んだ物件は「築浅」の中古物件として扱われ、新築一戸建てを売却するよりも注意しなければならない点が増えるのです。
そこで今回は、築浅一戸建てを売却する理由や、価格の変動、早期売却する際のコツなどを解説します。
杉並区で不動産売却をご検討中の方はもちろん、相続する可能性がある方はぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

築浅一戸建てを売却する理由

築浅一戸建てを売却する際は、なぜ手放すことになったのか、その理由をはっきりと買主へ伝えることが大切です。
主に、離婚や転勤などをきっかけに築浅一戸建てを売却する方が多く見られますが、ほかにも次のような理由が挙げられます。

  • ローンの返済が困難になった
  • 資金が必要になった
  • 両親と同居することになった
  • 相続したけど住む予定がない

売却理由が上記のような売主の都合によるものであれば、買主も安心して購入を進めてくれるでしょう。
しかし注意しなければならない点は、売却する理由が「瑕疵」にあたる場合です。
瑕疵と一口に言っても、物理・法律・心理・環境の4つに分られ、「雨漏り」「設備の不具合」「建築制限」「自殺」「殺人事件」「騒音」「隣人トラブル」などが挙げられます。
こうしたネガティブな理由で手放す場合は、売主に説明義務が発生します。
瑕疵を伝えずに売却してしまうと、契約不適合責任に問われる可能性があるので注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

築浅一戸建てを売却する際の価格変動

築5年が経過した一戸建ては購入時に比べて約70%、築10年になると購入時の約60%まで売却相場が下落すると言われています。
また、1日でも誰かが住んだ一戸建ては「築浅」の中古物件として扱われ、その時点で10%の資産価値が下がるとも言われているのです。
そのため、「新築」として売却するのであれば誰かが住む前に、「築浅」として売却するのであればいかに早期売却を実現できるかが重要になってきます。
一方で土地部分に関しては、築年数が経過しても資産価値は下がらないという特徴があり、築年数の古い物件などは更地にしてから売却するほうが良いケースもあります。
しかし、近年では築浅一戸建ての売却希望数や売却数が増加傾向にあるため、価値が下がる前に「築浅」の中古物件として売却するほうが得策と言えるかもしれません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

築浅一戸建てを早期売却する際のコツ

築浅一戸建てを早期売却する際のコツは、適正価格で売り出すことです。
当然のことながら、売り出し価格が高すぎても買主は見つからないので、相場を調べたうえで適正な価格をつける必要があります。
その際、住宅ローンを完済できるような価格に設定することも大切です。
また、エアコンや食器洗浄機などの設備をそのまま残しておいたほうが、売却が有利に働く可能性もあります。
売却後の確定申告で特例を利用すれば、節税につながることも覚えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

築浅一戸建てを手放す予定がある方は、資産価値が下がってしまう前に売却することが大切です。
早期売却を実現するために、まずは相場価格を調べることから始めてみてはいかがでしょうか。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ