不動産の買取と仲介の違いとは?メリット・デメリットもご紹介!

2022-09-20

不動産の買取と仲介の違いとは?メリット・デメリットもご紹介!

不動産を売却する方法には、買取と仲介があります。
それぞれに特徴があり、売却方法や売却価格、期間が異なります。
早く不動産を売却したい方におすすめなのが、不動産買取です。
この記事では、買取のメリット・デメリットについて、仲介と比較しながらご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取と不動産仲介の違いとは

不動産買取と不動産仲介には、おもに「買主」と「売却手続期間」の違いがあります。
不動産を売却する場合、広告を出して買い手を探すのが一般的です。
不動産仲介とは、不動産会社が売主に代わって売却活動をおこない、買い手を探す売却方法です。
売却活動の結果、不動産売買契約が成立した場合、不動産会社への成功報酬として「仲介手数料」が発生するのが特徴です。
一方、不動産買取とは、不動産会社が買主となって、直接不動産を買い取る売却方法です。
買い手を探す必要がないため、売却活動をする必要がありません。
そのため、売却期間を短縮することが可能です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

仲介と比較した際の不動産買取のメリット

不動産買取のメリットの1つが、短期間で不動産売却が完了することです。
不動産仲介では、買い手を探すために広告を出し、内覧をおこないます。
買い手が見つかり不動産売買契約が成立するまで、不動産を手放すことができません。
一方、不動産買取では、不動産会社が買主となって直接不動産を買い取るため、早期売却が可能です。
また、契約不適合責任が免除される点も不動産買取のメリットです。
不動産仲介では、売主は建物の不具合について、買主に告知する必要があります。
もしも売却後に告知していない不具合が見つかった場合、売主は契約不適合責任が問われ、損害賠償請求や契約解除などを求められるかもしれません。
不動産買取では契約不適合責任が免除されるため、これらのリスクがありません。
また、不動産仲介では買い手を探すために物件情報を広告やインターネットに掲載するため、近隣の方に売却することを知られてしまうことがあります。
買取の場合、近隣の方に知られることなく不動産売却を完了させることが可能です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

仲介と比較した際の不動産買取のデメリット

不動産買取は、相場よりも売却価格が安くなる点がデメリットと言えます。
不動産買取では、相場の70~80%ほどの売却価格になるのが一般的です。
その理由は、買取後のリフォームや修繕にかかる費用を、売却価格から差し引いているからです。
不動産仲介では、ほとんどの場合、相場と同等の価格で売却することができます。
また、不動産買取ができない物件がある点もデメリットの1つです。
劣化が激しい建物の場合、買取後に大規模なリフォームやリノベーションをしなければ、再販することができません。
利益を見込めない不動産は買い取ってもらえないことがあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産買取は、築年数が経過した物件や不具合がある物件であっても、早く売却することができます。
しかし、相場よりも売却価格が安くなりやすいため、注意が必要です。
買取と仲介のそれぞれの特徴やメリット・デメリットを知り、不動産会社に相談しながら売却方法を検討することをおすすめします。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ