杉並区の空き家対策とは?特別措置法や所有者ができる対処法を解説

2022-03-01

杉並区の空き家対策とは?特別措置法や所有者ができる対処法を解説

空き家の増加問題は、全国各地で深刻化していますが、杉並区も例外ではありません。
そこで杉並区は、空き家対策でどんな取り組みをおこなっているのでしょうか?
この記事では、杉並区が推進する空き家の特別措置法の概要や所有者ができる対処法を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

杉並区が推進する空き家対策の特別措置法とは?

特別措置法とは、全国で社会問題化している空き家の増加対策として、平成26年に定められた法律です。
この法律は、市区町村が空き家の実態調査・空き家の所有者への指導・空き家の跡地の活用促進をおこなうことと定めています。
また市区町村は、適切な管理をしていない空き家を「特定空き家」に指定し、助言・指導・勧告・命令にくわえて、罰金の徴収や行政代執行も可能です。
杉並区における平成25年の調査時点では、空き家の総数は約35,690戸で、区内の総住宅数の10.5%です。
この比率は、平成10年の調査以降10~11%を前後していますが、空き家の数は増加傾向にあります。

杉並区の特別措置法の取り組みとは?

まず対象になるのは、杉並区全域にある一戸建ての空き家と、全住戸が空室の共同住宅です。
取り組みの方針として、区民に空き家問題の周知をおこない増加を抑制することや、空き家を資源として捉え利活用することを定めています。
また管理不全の空き家に対して、特別措置法に基づいた対応を実施しています。

弊社が選ばれる理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

杉並区の空き家対策とは?所有者ができる4つの対処法

杉並区の対策がわかったところで、空き家の所有者ができる対処法をみていきましょう。
まずは空き家バンクを活用する方法です。
自治体が提供する空き家バンクのサービスに登録すると、空き家を探している方が見つかる可能性があります。
次に空き家の管理サービスを依頼する方法です。
管理不全に陥らないように管理されていれば問題ないので、専門業者への依頼も視野に入れましょう。
さらに賃貸物件として貸す方法もあります。
誰かに住んでもらえば、建物の劣化が食い止められるうえに、家賃収入が入るメリットがあります。
最後におすすめなのが売却する方法です。
建物を所有していると税金や維持費が発生し続けるため、売却するのがもっともおすすめの対処法です。

弊社が選ばれる理由|スタッフ一覧

まとめ

全国各地と同様に杉並区も空き家問題が深刻化していることがわかりました。
空き家の増加を抑制するためには、市区町村の取り組みにくわえて、空き家の所有者の協力が必要です。
相続した空き家が管理不全の状態に陥ると、売却が難しくなったり、周囲に迷惑をかけたりする恐れがあるため、早めの売却をおすすめします。
杉並区を中心に、不動産売却をご検討中の方は「NEXT LIFE株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
ホームページから24時間お問い合わせを承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6272-9151

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ